ステップ3 遺産分割協議をする

遺言書がない場合、相続人全員による遺産分割協議がない限り、相続手続きが進みません。その際、目安となるのが法定相続分ですが、必ずしも法定相続分どおりにする必要はなく、法定相続分とは異なる相続割合であったり、相続人の一人に相続させることが可能となります。但し、相続手続きを完成させるには相続人全員の同意が不可欠です。

遺産分割協議の流れ

(1) 相続人全員で協議
法定相続分でどんなに相続分が少なくても、相続人全員の合意がない限り、遺産分割協議は成立しません。
(2) 相続人全員が合意したら、遺産分割協議書を作成
相続人全員がいくら合意しても口頭ではトラブルになりかねませんし、名義変更もできません。遺産分割協議書の作成には、相続人全員の署名と実印の押印、印鑑証明書の添付が必要です。

遺産分割協議書のポイントは次の3つ

  • ・タイトルに遺産分割協議書と書く
  • ・遺産を漏れなく書く
  • ・相続人全員の署名つと実印の押印が必要

遺産分割協議を上手に進めるポイント

(1) 遺産分割は必ずしもきっちり平等とはならない
相続を想続にするには、相手に対する想いが不可欠です。損得で考えたり、あくまで平等に拘りすぎると、後の相続に影響を及ぼすような遺産相続になり、後の相続においても禍根を残したり、家族関係にも影響を及ぼします。また財産には不動産、金銭、株等がありますが、分割しやすいものもあれば、不動産のように分割しにくいものもありますので必ずしも平等となりにくいことは考えておかなければなりません。
(2) 隠し事が災いのもと
被相続人と同居、あるいは財産管理を行っていた親族が遺産を隠しているのではないか、という他の親族の疑いの気持ちが遺産分割協議で揉める一つの大きな要因となることがあります。
たとえ親族同士とはいえ、被相続人の財産を事実上管理する立場にあった相続人は、他の親族に聞かれる前に財産を証拠書類とともに相続人の前でオープンにするぐらいの気構えをもつことが、円満な遺産分割協議のために重要なポイントです。

当相談室では、遺産相続手続きに必要な遺産分割協議における相続人間の連絡・調整、遺産分割協議書の作成など、遺産分割時に必要となる事項について、ご相談をお受けしております。初回相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

ボタントップ