遺産相続手続き代行サポートとは

相続に関する手続きは煩雑です。税理士や司法書士といった各専門家と提携しながら相続手続きを円滑に進めるために遺産整理のお手伝いをさせていただくサポートです。

遺産相続手続きサポートをお申し込みになられるお客さまの主な理由は以下のようになっています。

  • ・ほとんどの手続きが平日の昼間に行なわなければならなくて、会社を休む必要が出てくる、自分で何もかもする時間がない。
  • ・昔の戸籍謄本は読めないし、解読するにも時間がかかる
  • ・銀行口座がいきなり凍結されて、現金の引き出しができずに日々の生活に困ることがある
  • ・専門的な法律用語がたくさん出てきて分からないし、法務局、税務署に聞いても事務的な対応をされる
  • ・相続人が多い
  • ・相続人が遠方にて調整が面倒
  • ・不動産や預貯金など遺産の種類が多く、面倒である  など

自分で相続手続きをするとこんなに大変

相続人調査

相続財産調査

遺産分割協議

遺産名義変更

遺産相続手続きサポート

相続手続き代行サポートの詳細

多くの方にとって相続手続きは初めてのことであり、色々な場面で不安に感じる方がいらっしゃると思います。
当相談室が窓口となることで、相続に必要な手続き一切を当相談室並びに各種専門家が行います。

サポート内容

1.相続人を確定する為の戸籍や住民票など公的書類を取り寄せます。

亡くなった方(被相続人)の生まれてから死亡までの戸籍と相続人全員の戸籍を取り寄せて、相続人が誰なのか調査します。
一人でも相続人を見落としてしまうと手続きが無効になることがございます。
*遺言書の確認も必要です。

2.誰が相続人なのかを図式化した相続関係説明図を作成します。

戸籍収集が終わると相続人が確定されます。それを図式化したものが相続関係説明図です。誰が相続人なのかが一目でわかる資料となりますので、各手続き期間で説明する際にも役に立ちます。

3.相続財産にどのようなものがあるか調査します。

書類を収集し、亡くなった方(被相続人)の有していた財産を調査した上で、遺産目録を作成します。

4.遺産分割協議書を作成します。

相続財産が分かったら、遺産分割協議をして頂きます。

遺産分割協議した結果、取り決めた内容を書面化した遺産分割協議書を作成して相続人全員に署名捺印をしてもらいます。

5.不動産がある場合、名義変更に必要な書類を作成・収集します。

不動産の登記申請は、提携している司法書士が行います。

6.預貯金の名義変更(解約)を行います。

銀行等の金融機関は、口座名義人の死亡を知ると口座が凍結され、入金・送金、払い戻し等ができなくなります。
この凍結された預貯金の払い戻しや名義変更を行うために、必要な書類を作成・収集し、金融機関所定の申請書と共に提出します。

7.有価証券・投資信託の名義変更

株式、投資信託や社債などを取り扱う証券会社や信託銀行に対して被相続人の名義から相続人の名義に変更します。
名義変更を行うために、必要な書類を作成・収集し、相続人が証券会社の口座を持っていない場合は新規口座開設、証券会社所定の書式に従って申請します。

8.相続不動産の売却サポート

相続人名義にした不動産について、売却方法について検討します。私が宅建業を取得しておりますので直接サポートさせて頂きます。

9.相続税の申告

相続税の申告がある場合、相続専門の税理士をご紹介致します。相続税申告後も、二次相続について税理士と一緒に検討サポートいたします。

遺産相続手続き代行サポート料金
最近信託銀行でも同様の相続手続きサービスを行っておりますが、最低100万円程度かかるようです。当相談室では出来る限り分かりやすく利用しやすい価格に設定させて頂きました。

基本料金 25万円(税別)

*基本料金には条件があります。
①相続人が5人以内
②相続財産が1億円未満
③不動産1箇所、銀行や証券会社が4社以内
①②③を超えるような場合は、別途お見積させて頂きます。

*相続税の申告な必要な場合、基本料金に10万円(税別)料金が加算されます。
*税理士等に依頼した場合は、別途専門家への費用がかかります。
*不動産の登記事項証明書、固定資産税評価証明書、戸籍謄本等の実費手数料や郵送費、交通費などの実費については別途ご負担をお願い致します。

また不動産の相続登記のみの場合
料金 15万円(税別)
*司法書士への報酬が含まれています。
*税理士等に依頼した場合は、別途専門家への費用がかかります。
*不動産の登記事項証明書、固定資産税評価証明書、戸籍謄本等の実費手数料や郵送費、交通費などの実費については別途ご負担をお願い致します。

相続手続きは実に多くの手続きがあります。分かりにくく煩雑な手続きで頭を悩ませるよりも、その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。

ボタントップ