株式・投資信託の手続き

受付窓口

株式の相続手続きは、亡くなった方が開設していた証券会社の支店若しくは証券会社の相続センターを窓口に手続きを行うことになります。各証券会社より定期的に届く取引残高報告書を元に、株式以外に金銭預り・債券・投資信託などございますので資産の内容を確認することが大切です。また株式には配当金・中間金があり、遺産分割協議書に明記する場合がございますのでこちらも確認が必要です。

相続人にも口座が必要

遺産相続手続きには必要書類を揃えて、証券会社に「口座移管手続き」を請求することになりますが、証券会社での遺産相続手続で面倒なのが、故人名義の証券口座をいきなり解約、換金して相続人に払戻すことが原則としてできないことです。故人の口座を相続人の口座に一旦移し替え、その後に、相続人の判断で、口座内の株を売却したり、保有したりを選択することになります。
当該証券会社に自分名義の口座を持っていなければ、新たに口座を開設する手続きが必要となり、自分名義の口座を開設してからでないと、遺産相続手続は完了できないことになります。

当相談室に依頼するメリット

各種証券会社によって手続きが異なります。当相談室にご依頼いただくことで、それらを効率的、かつ、迅速に相続手続きをすすめていきます。

当相談室では、各種証券会社の相続手続全般の代行、各種必要書類の取り寄せ、遺産分割協議書の作成を通して、相続人の皆様の負担を大幅に軽減するサービスを提供しております。相続手続の経験豊富な専門家が最適な支援、アドバイスをさせていただきます。初回の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

ボタントップ