主な遺言書の種類と比較

遺言書とは

遺言書とは、遺言内容を残した書面の事です。その多くは財産についての記載で、遺産の分配において最優先されるものです。民法の規定の従い、本人の自筆もしくは公証人による代筆によって遺産の分割方法などの意思表示を記します。ご家族への感謝の気持ちを形として残す事もできます。

遺言書サンプルA

遺言書サンプルA

遺言書サンプルB(別途目録付き)

遺言書サンプルB
(別途目録付き)

別途目録サンプル

別途目録サンプル

※クリックすると拡大されます。

遺言書を書くメリット

相続でトラブルが起こる大きな原因として「亡くなった人の意思が見えない事」があります。通常、人が亡くなり相続が起きた場合、遺産は、通常法律で決められた割合で平等に分けられてしまいます。亡くなった人からの有効なメッセージがなければ、相続人にとっては亡くなった人の意思が見えず、基準もないわけですから、迷いも生じ、互いの主張がぶつかることも無理はありません。
自分が亡くなった後、法律で決められた割合でなく、残された家族の中で争いがないようにする為には、生前に遺言書を作成しておき、自分の意思を家族に伝えることが必要になります。
遺言書があれば、基本的には遺言書の通りに財産が分けられることになります。

遺言書の種類と比較

遺言には数種類の方式がありますが、一般的に普通方式の自筆証書遺言公正証書遺言が広く認知され利用されていますので、ここではこの2つの遺言について詳しく説明させて頂きます。

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、文字通り、遺言者本人が自書するものです。遺言の全文をすべて自分自身で書き、作成した日付を記載、署名・押印する作成方法です。

自筆証書遺言はこんな方におすすめします。

  • 1.すぐ書きたい方
  • 2.書き直しをしたい方
  • 3.家族に知られないように書きたい方

メリットは、遺言書を自分で書くことから、大きな手間がかからず、費用も抑えられ、かつ手軽に作成できるところです。

一方デメリットは、手軽に作成できる事は逆に偽造・変造も容易にできてしまったり、遺言の表現・記載方法が適切でない為、遺言が無効になってしまう可能性があります。その他、作成した遺言書をどのように保管しておくかという問題や家庭裁判所での検認手続が必要となることがあります。

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、遺言者が公証人によって遺言書を作成、保管してもらうものです。
公正証書として遺言を作成する方法です。公的機関である公証役場で手続きを取って作成されますので、確実で安心・安全な遺言形式と言えます。

公正証書遺言はこんな方におすすめします。

  • 1.遺言が無効になることを絶対避けたい方
  • 2.遺言書の偽造や破棄が心配な方
  • 3.遺言書の管理に不安がある人
  • 4.将来、争い事が予想される方
  • 5.手が震えて自筆証書遺言の作成が困難な方

メリットは、形式不備での無効はなく、原本は公証役場に保管されるので偽造や破棄される恐れはありません。また自筆が難しい方には口述が可能です。

一方デメリットは、公証人への費用や証人が必要となります。

メリットとデメリットのまとめ

自筆証書遺言 公正証書遺言
メリット
  • ・手軽でいつでもどこでも書ける
  • ・費用が抑えられる
  • ・遺言書を書いた事を秘密にできる
  • ・書き直すことが容易である
  • ・形式不備で無効になることがありません。
  • ・原本が公証役場に保管されるので、偽造や破棄の心配がない
  • ・家庭裁判所での検認手続が不要
  • ・証拠能力が高い
  • ・口述ができる
デメリット
  • ・形式の不備で無効になる可能性がある
  • ・紛失や偽造、破棄の可能性がある
  • ・保管の問題
  • ・家庭裁判所での検認手続が必要
  • ・公証人への費用がかかる。
  • ・証人が必要

*上記の通り、公正証書遺言の方が、欠点よりも利点の方が多いです。 その為、急ぎ遺言書を作らないといけない事情がない限り、公正証書遺言の作成をおすすめしています 公正証書遺言の方が安心・安全・確実です。

公正証書遺言作成サポート
公正証書遺言 必要書類
公正証書遺言 費用と相場
初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。

ボタントップ