銀行預金の手続き

銀行預金口座が凍結?出金できない

銀行などの預金は家族に関係する一般的な手続きです。個人の死亡を知ったときから預金口座を凍結されてしまいます。
では、凍結される前に出してみればと思う方もいますが、黙ってやると相続トラブルの元になりますのでご注意ください。

突然亡くなってしまってどこの金融機関に解説していたか分からない方もいらっしゃいますが、自宅に残された通帳、キャッシュカード、金融機関からの郵便物、貸金庫からある程度は確認することができます。それでもという場合は、近所の金融機関にて確認することも必要となります。こういったことにならない為にも、生前にまとめるなどして家族に知らせておくことが大切です。

当相談室に依頼するメリット

都市銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合など各種金融機関よって手続きが異なります。当相談室にご依頼いただくことで、それらを効率的、かつ、迅速に相続手続きをすすめていきます。

当相談室では、銀行預金の相続手続全般の代行、各種必要書類の取り寄せ、遺産分割協議書の作成を通して、相続人の皆様の負担を大幅に軽減するサービスを提供しております。相続手続の経験豊富な専門家が最適な支援、アドバイスをさせていただきます。初回の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

ボタントップ