未成年の相続人への対応

特別代理人とは

人が亡くなることは必ずしも年齢が高いからということではありません。幼い子供をのこして亡くなってしまう事も少なくありません。

家系図

上記家系図より、今回夫が亡くなりました。相続人は妻・子A・子Bとなります。
しかし子Bについては、未成年のため単独で遺産分割協議がすることが出来ず、特別代理人を専任する必要があり、この場合夫の父にお願いすることになりました。(同じ相続人の妻が特別代理人になることは利益相反になるので選任することはできませんでした。)
妻と子Aと子Bの特別代理人の夫の父で遺産分割協議をすることで手続きを進めていくことになります。

特別代理人の選任手続きは、管轄の家庭裁判所に「特別代理人選任申し立て」が必要となります。

当相談室では、特別代理人選任手続きの前提として必要となる相続人調査、相続財産調査、及び遺産分割協議書の文案作成サポート・代行しております。初回の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

ボタントップ