養子の相続分

相続実務を取り扱っていると、養子の方を多く見受けられます。
例えばこのような場合、

家系図

子Aは養子に出されたことになりますが、相続の場合においてまず普通養子縁組(一般的な養子縁組)の場合、子Aは新たに養父母と親子関係が生じますが、実父母と戸の親子関係が消えるわけでなく、相続においては、子Aは養父母からも、実父母からも相続することが可能です。
なお、養子の法定相続分は実子と同じですので、実父が亡くなった場合も子Aは子Bと同じ法定相続分を取得することになります。

一方で、特別養子縁組という制度があります。この場合、普通養子縁組と違い、実父母との親子関係は特別養子縁組が成立した際に、親子関係は消滅しますので、相続権は養父母のみとなります。

ボタントップ