相談事例⑧ 「離婚した前妻の子供との相続手続き」 東京都 Hさん

相談者Hさんは夫が突然亡くなったことからの相続手続きにご依頼を頂きました。遺言書がなかったため、夫が以前離婚したときの子供が相続人であり、しかも会った事がありません。

まず相続人を確定させる為に、亡くなった夫の出生~死亡の戸籍を収集、そこで改めて離婚している事実が確認でき、しかも前妻との間に子Jがいることを確認、子Jの戸籍を追加で収集し、現在も生きていることを確認、現在の所在も確認して、まずはなくなったことの事実と相続についてのご相談したい旨のご案内を郵送、その後子Jと連絡を取り、子Jの以降を確認の上、今回は妻Hさんに亡くなった夫の財産を相続させることで子Iも同意して相続人全員の遺産分割協議書を作成して署名捺印をしてもらい、預貯金や不動産について無事名義変更することができました。

相続財産
○預貯金 金融機関1社
○不動産 1ヶ所

今回は相続トラブルもなく、相続手続きを終えることができましたが、子Jが相続権を主張すれば相続財産のうち、法定相続分として4分の1を渡すことになります。こうした予期せぬ相続トラブルにならないためにも、遺言書の作成をすることでトラブルを最小限にすることが可能ですので、事前の対策を是非ご検討ください。

初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。

ボタントップ