相続ブログ

 

おはようございます。

相続専門行政書士の横倉です。

 

2月は営業日数が少ない上に祝日もあり、業務の進め方の工夫が必要です。

さて遺言書の作成するうえで気を付けることが財産調査です。

特に不動産は記載漏れがないよう、権利書・固定資産税納税通知書・名寄帳など確認して記載漏れが内容確認します。

しかし先日相続手続きのご相談で拝見した遺言書には記載漏れがありました。

記載漏れがあると、これは相続人全員による遺産分割協議書が必要となります。

今回は問題なくできそうですが、遺言書で財産を貰えない相続人がいると、

遺産分割協議書に協力してくれるか、ハードルが高い問題になります。

遺言書作成はやはり専門家への確認・作成相談は必要だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本全国どこからでも相談・解決 相続手続き・遺言書作成事例集

よくある質問

「相続手続きについて」 「相続(空家)不動産の売却について」
「遺言書作成について」 「ご依頼する際に」
「ご相談にあたって」 「相続手続き費用について」
「相続手続き」代行サポート


「相談者の気持ちに寄り添うサポート」を提供しています。

アクセス

スタートライン行政書士事務所の外観

*建物1階がスーパーのマルエツです。

東京都港区三田2-14-5
フロイントゥ三田904号
スタートライン行政書士事務所

  • JR「田町」駅徒歩約7分
  • 都営三田線・浅草線「三田」駅徒歩5分
  • 都営大江戸線「赤羽橋」駅徒歩8分
初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉
を中心に全国対応

ボタントップ