相続ブログ

 

おはようございます。

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年初の投稿です。

 

先日ネットニュースで、現在政府で検討されている相続分野の民法の改正案が判明しました。主な中身は

・自筆証書遺言の法務局での保管

・残された配偶者の居住権の確保

・婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産を生存贈与された場合、遺産分割対象から除外

など

この中で、自筆証書遺言の法務局での保管について

現状、自筆証書遺言は書いた後、自分で保管管理しなければならず、相続が発生した後も、財産を託す人に存在や保管場所を言わないと、見つからないままということもありました。これが実現すれば利用者が増えますね。

まだ検討段階ですので、実現すれば我々専門家はいち早く情報をキャッチし、理解し、相談者の為にお役立てるようにしなければならないですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本全国どこからでも相談・解決 相続手続き・遺言書作成事例集

よくある質問

「相続手続きについて」 「相続(空家)不動産の売却について」
「遺言書作成について」 「ご依頼する際に」
「ご相談にあたって」 「相続手続き費用について」
「相続手続き」代行サポート


「相談者の気持ちに寄り添うサポート」を提供しています。

アクセス

スタートライン行政書士事務所の外観

*建物1階がスーパーのマルエツです。

東京都港区三田2-14-5
フロイントゥ三田904号
スタートライン行政書士事務所

  • JR「田町」駅徒歩約7分
  • 都営三田線・浅草線「三田」駅徒歩5分
  • 都営大江戸線「赤羽橋」駅徒歩8分
初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉
を中心に全国対応

ボタントップ