相続ブログ

おはようございます。

いまや7軒に1軒は空家ってご存知ですか。

 

最近問題になっているのが不動産ではなく、「負」動産。

核家族化で実家に誰も住まない

住まない場合に処分にお金がかかってしまう

 

空家

 

 

これらの要因から親が亡くなって空き家になってもそのままの状態となってしまうのです。

 

だったら思い入れもあるし維持すればと思いますが、当然ながら維持費もかかるのです。

 

専門家の話では、先ずは自治体に相談してくださいとのことでした。最近では解体費用を援助してくれる自治体もあるようです。

 

国もこの状況に打開策を打つべく

倒壊の危険性・衛生上有害の恐れがあるものを特定空家と指定し、市町村の指導ができるようになりました。これに従わないと罰則が付いている。

 

空家にしないのは、解体して更地にするより解体しないでそのままにした方が固定資産税が安くなるという状況が背景にあるようです。

これもいづれ変わるでしょうね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本全国どこからでも相談・解決 相続手続き・遺言書作成事例集

よくある質問

「相続手続きについて」 「相続(空家)不動産の売却について」
「遺言書作成について」 「ご依頼する際に」
「ご相談にあたって」 「相続手続き費用について」
「相続手続き」代行サポート


「相談者の気持ちに寄り添うサポート」を提供しています。

アクセス

スタートライン行政書士事務所の外観

*建物1階がスーパーのマルエツです。

東京都港区三田2-14-5
フロイントゥ三田904号
スタートライン行政書士事務所

  • JR「田町」駅徒歩約7分
  • 都営三田線・浅草線「三田」駅徒歩5分
  • 都営大江戸線「赤羽橋」駅徒歩8分
初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

対応エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉
を中心に全国対応

ボタントップ