相続ブログ

民営化の影響

終活関係 2013年8月27日

こんばんは。

幾分暑さが和らいできましたね。気温差があると体調も崩しやすくなりますので体調にはご注意ください。

 

昨日ニュースで、日本郵便が高齢者事業に着手し、見守りサービスや買い物代行といった生活支援サービス事情を今年の10月から

スタートします。

当初は一部での実施ですが、2015年は全国的な拡大を目指しているようです。

 

これこそ民営化のメリットですね。民営化後の郵便局の営業活動の中で都市部に住む人が過疎地などで暮らす高齢の両親らの

暮らしぶりや、安否を把握したいというニーズに対応する為にスタートさせたようです。

 

民営化したことで、保険事業をスタートしたり、私の身近な所では局内での広告掲載やイベントも出来るようになりました。

イベントといえば、10月に横浜の郵便局で相続・遺言の無料相談会をします。

近くになりましたら改めて告知させてもらいますが、社会福祉士さん主催のイベントの一環で出展させて頂きます。

 

以前は民営化するしないで選挙が行われたほど、一大論争にもなりましたが、今となってはあれはどうであったんだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。

ボタントップ