相続ブログ

こんにんちは、相談を受けた事例について紹介したいと思います。

 

相続人の中に未成年者がいた場合は、どうなりますか?

若くして父が亡くなり、残された家族が妻である母親と10歳の子供がいたとします。

 

yjimage

 

相続人が未成年の場合、特別代理人という方を未成年の子供に代わって代理人として立てることになるのですが、

 

母親がなってしまうと母親の心積もりひとつで相続させることになってしまう利益相反行為にあたりますので母親は特別代理人になることは出来ません。

 

特別代理人は特に資格の制限はありませんので、利益相反にあたらない限りは親族や専門家がなることが多いようです。

 

裁判所への手続きですので、私が提携している司法書士を紹介をさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

初回相談無料!遺産相続に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)
tel:03-6809-4370

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。

ボタントップ