相続問題=お金持ちの人の話、私達には関係ない話、と思っている方。相続対策は他人事ではありません!

相続問題=お金持ちの人の話、私達には関係ない話。
と、思っていらっしゃいませんか?
確かに、統計的に相続が発生した人のうち相続が課税されている割合は約4%(100人のうち4人)しかなく、自分には関係ないと思われて仕方ありません。
しかし、相続税の改正で、基礎控除が平成27年1月1日より以下の通り変わります。

相続税の基礎控除額が約40%縮小されることで、これまで約4%といわれた課税割合が約8%に増え、特に都心部では不動産地価の関係で約20%に増えるのではないかともいわれています。こうなると、もはや他人事とはいえなくなってきます。

また相続でトラブルになるのは、遺産が多いからというわけではありません。
最高裁判所の「司法統計年報(平成22年度版)」によると、

1000万円以下 30.9%
5000万円以下 43.3%
1億円以下 13.2%
5億円以下 7.3%
5億円超 0.6%

相続分割事件全体の中で、相続税と関係ない5000万円以下の遺産分割でもめている件数が、全体の約74.2%を占め、1000万円以下で争っている件数が約30%を占めています。
相続トラブルは、起こるはずがないと思っている所で、起こってしまうのです。

こうした相続問題について日頃から家族でコミュニケーションを取りながら早いうちに対策することをお勧めします。

ボタントップ