相続廃除

たとえ相続人に相続する権利があっても、被相続人に対して迷惑をかけたり、問題行動を起こしたものは、被相続人が家庭裁判所へ請求し、認められることで、相続する権利を剥奪することができる制度です。
しかし相続する権利を剥奪するのは大変大きなことですので、相性が悪いとか暫く会っていないと言う理由で廃除することは出来ません。

○廃除対象者
遺留分を有する相続人とされているので、兄弟姉妹は該当せず、配偶者、親などの直系尊属、子などの相続人となります。
*兄弟姉妹の場合は、遺言を書くことで相続分を与えないことが出来ます。

○廃除理由
民法第892条には以下の要件があります。
 1.被相続人に対する虐待
 2.被相続人に対する重大な侮辱
 3.その他の著しい非行

では、その他の著しい非行とは
 1.借金を繰り返し、被相続人に返済させた
 2.重大な犯罪を犯し、有罪判決を受けている
 3.被相続人の財産を浪費する行為

但し、これらの理由があったとしても必ずしも廃除が認められるわけではなく、審議を行うため、ケースバイケースといえるでしょう。

家庭裁判所に請求する以外にも、遺言書に記載することで、遺言執行者が家庭裁判所に請求することも可能です。なお廃除の取り消しは、遺言や家庭裁判所に請求することが可能です。

ボタントップ