代襲相続

被相続人が亡くなった際、既に相続人となるべき相続人が亡くなった際に、その子供が相続人になることをいい、第1順位である子供が亡くなっていれば孫、第3順位である兄弟姉妹が亡くなっていれば甥と姪が該当します。

家系図

上記家系図より、今回父が亡くなった場合、相続人が母と子になりますが、すでに子が亡くなっている為、相続人は母と孫のAとBになります。
仮に孫が亡くなっている場合はひ孫と相続することになります。ひ孫が亡くなっている場合も・・・とどこまでも下の代が相続することが可能です。再代襲有り。

家系図

上記家系図より、今回夫が亡くなった場合、妻との間に子は無く、既に父母が亡くなっている為、相続人妻と夫の兄弟の姉と兄になりますが、兄も既に亡くなっている為、相続人は妻と夫の姉と兄の子である甥・と姪の4名となります。
兄弟姉妹の代襲相続は甥と姪まで、つまり甥と姪の子は相続人になりませんのでご注意ください。再代襲無し。

ボタントップ