認知症の相続人への対応

認知症の方がいる場合の相続手続は非常に面倒

遺産相続手続きにおいて、認知症の相続人がいる場合、その認知症の方の判断能力の程度にもよりますが、成年後見を利用することが必要になることがあります。つまり、認知症の方のように物事の正しい判断がきちんとできない方にとって、遺産をどのように分けるかという重要な局面においては自分の権利を行使し、利益を確保することができない、という考えから、成年後見制度を使って、認知症の方の代理人として成年後見人をたてて遺産相続手続きを進めることが必要となるのです。

もし、これらの手続きを経ずに相続手続きを進めてしまうと、意思能力を欠く認知症の方を含めた遺産分割協議は法律的に無効となってしまうため、銀行等での遺産名義変更手続きの際に指摘され、相続手続きのやり直しが必要になる場合がありますので、注意が必要です。

当相談室では、遺産相続手続きの中で必要となる成年後見人選任手続き、申立てまでに必要となる各種書類収集、書類作成並びに成年後見人の受任まで、専門の司法書士や成年後見となるNPO団体と提携してサポートさせていただきます。初回の相談は無料ですので、お気軽にお問合せください。

ボタントップ