相続ブログ

 

おはようございます。

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年初の投稿です。

 

先日ネットニュースで、現在政府で検討されている相続分野の民法の改正案が判明しました。主な中身は

・自筆証書遺言の法務局での保管

・残された配偶者の居住権の確保

・婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産を生存贈与された場合、遺産分割対象から除外

など

この中で、自筆証書遺言の法務局での保管について

現状、自筆証書遺言は書いた後、自分で保管管理しなければならず、相続が発生した後も、財産を託す人に存在や保管場所を言わないと、見つからないままということもありました。これが実現すれば利用者が増えますね。

まだ検討段階ですので、実現すれば我々専門家はいち早く情報をキャッチし、理解し、相談者の為にお役立てるようにしなければならないですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ボタントップ